ヒジハリノキ(肘張の木)

Randia sinensis


ヒジハリノキ

  • 科名・属名
  • : アカネ科 ミサオノキ属
     新しい分類の考え方ではヒジハリノキ属(Oxyceros)

  • 特徴

  •  高さ1〜4mの直立〜つる状の常緑低木。
     小枝は直角に広がって短毛が密に生え、茎の節毎の葉の脇には、小枝の変形した長さ0.5〜1cmの2本の鋭い刺がある。
     葉は対生し、葉身は長楕円形〜楕円形で、長さ3〜10cm、幅1〜4cm。先は尖り、基部は鋭形〜鈍形、縁は全縁、表面は無毛で裏面脈上に毛が散生する。葉柄は3〜5mm、密久屈毛がある。
     花は枝先に短い集散花序となって多数つき、花冠は白色で筒形、長さ15〜20mm、先は5裂、時に4裂し、裂片は狭長楕円形で先はやや尖る。
     果実(液果)は球形で径約8mm、黒熟する。
     別名 シナミサオノキ

  • 分布・生育地

  •  沖縄(石垣島)  林縁

  • 花期
  • : 3〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2014年3月22日  沖縄県石垣島
     中・花、下左・枝、下右・葉    同  上

  • 撮影記

  •  これまで何度も訪れた石垣島であったが、そこは初めて訪れる場所だった。
     草本類はそう変わったものは見当たらなかったが、木本類は初めて目にするものがいくつかあり、久々に興奮した。
     この花もその一つで、肘を横に張ったようにほぼ直角に小枝をつける姿が面白く、一度見たら忘れられない花だった。
     まだ咲き始めの株が多く、撮りやすいようにと枝を掴むと、小枝についた鋭い刺に痛いおもいをさせられた。

    葉

    同じ科の仲間の花
花

枝