ヒロハフタバムグラ(広葉双葉葎)

Spermacoce latifolia


ヒロハフタバムグラ1

  • 科名・属名
  • : アカネ科 ハリフタバ属

  • 特徴

  •  草丈30〜60cmの1年草。帰化。
     茎は直立または斜上し、4稜があって稜には翼が発達し、密に毛がある。
     葉は対生し、楕円形〜広楕円形で長さ2〜5cm、幅1〜3cm。全縁で両面に細毛がある。
     花は茎頂または葉腋に密につく。花は白色で長さ4〜5mm、先は4裂する。

  • 分布・生育地

  •  帰化(熱帯アメリカ原産?)  荒地

  • 花期
  • : 9〜12月?

  • 撮影月日・場所

  •  2005年11月7日 沖縄県西表島
     中 2003年12月13日  同 上
     2005年11月7日  同 上

  • 撮影記

  •  この花、最初の西表島を訪れた時撮影したが、いくら調べても名前がわからなかった。長いこと南西諸島を訪れている花仲間も名前がわからないと言うことで、不明種にあげていた。
     2008年冬、この島に花仲間を案内したときもこの花に出会った。その仲間の尽力でやっと名前がわかり、特徴などは「神奈川県植物誌」の記載を引用させてもらった。
     帰化種は図鑑をみても記載されていないものがあり、また、写真や図版などがないとなかなかイメージしにくいので不明種のままということも多い。
     長いことわからなかった花の名前や素性がわかると、何だかホッとした気持ちなる。

    同じ科の仲間の花
ヒロハフタバムグラ2

花アップ