リュウキュウイナモリ(琉球稲森)

Ophiorrhiza kuroiwae


リュウキュウイナモリ

  • 科名・属名
  • : アカネ科 サツマイナモリ属

  • 特徴

  •  草丈30〜100cmの小低木。
     茎は分枝し、若いうちは褐色の短い縮毛が密生する。
     葉は対生し、卵状楕円形〜卵状長楕円形で、長さ6〜13cm、幅2〜6cm。先は短く尖り、全縁で、裏面脈上には毛が多い。葉脈はやや凸出する。
     花は茎頂に散房花序となり、多数分枝して多くの花をつける。花冠は白色で長さ3〜4.5mm、5裂し裂片は卵状三角形。

  • 分布・生育地

  •  沖縄(沖縄島、八重山諸島)
     林下のやや湿った所

  • 花期
  • : 6〜10月(?)

  • 撮影月日・場所

  •  2004年7月8日 沖縄県石垣島
     アップ 2004年10月3日 沖縄県西表島
     下 2004年7月8日 沖縄県石垣島

  • 撮影記

  •  イナモリソウ属の中では、花のアップの写真をみてもわかるように花弁が反り返って一風変わった花をつける。
     沖縄島や石垣・西表島に見られ、夏から秋にかけて花をつける。
     ただ、多くの花が一斉に咲いていることはなく、一番下の写真のように果実がたくさんついた花柄の先に、1〜2花咲いた状態で見かけることが多い。

    同じ科の仲間の花
花アップ

果実・花アップ