サツマイナモリ(薩摩稲森)

Ophiorrhiza japonica


サツマイナモリ1

  • 科名・属名 : アカネ科 サツマイナモリ属

  • 特徴 :
     草丈10〜40cmの多年草。
     茎は下部は地を這い所々で根を出し、枝分かれして斜上し、無毛か汚褐色の曲がった細毛が散生する。
     葉は対生し、葉身は卵形〜長楕円状披針形で、長さ2〜11cm、幅1〜4.5cm。先は鋭頭〜鋭尖頭、基部は狭まってくさび形で葉柄に繋がる。葉柄は長さ0.5〜3.5cmで有毛。托葉は三角形で早落性。
     花は茎頂に巻散状の集散花序をつくり、長さ0.5〜1mmの小花柄の先に3〜数十個つく。花冠は白色〜淡紅色、漏斗状で、長さ1〜1.5cm、先は5裂し、外面はほぼ無毛。
     果実(刮ハ)は扁平な倒三角形、長さ4mm、幅10mm。

  • 分布・生育地 :
     本州(関東地方南部以西)〜沖縄 (国外:台湾、中国(中南部)、ベトナム)
     林下のやや湿った所

  • 花期 :   11〜5月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体1 1988年5月3日  兵庫県飾磨郡
     中上・全体2 2008年4月5日  福岡県朝倉市
     (上、中上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中下・花1 2003年3月29日  福岡県甘木市
     左下・花2 2008年3月1日  沖縄県国頭郡
     右下・葉 2017年5月19日  鹿児島県屋久島

  • 撮影記 :
     花がごく少なくなる真冬に咲き初めてくれるありがたい花である。
     気温も低く、落ち葉ばかり目立つ寒々とした林床で、真っ白な花は凛とした雰囲気がある。
     サツマイナモリソウ属の仲間は南方系が多いが、この花は沖縄本島から千葉県までと最も北まで分布し、関東でも千葉県など温暖な場所では、春先群落になって咲いているのを見かける。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
サツマイナモリ2

花1

花2