シマミサオノキ(島操の木)

Randia canthioides


シマミサオノキ

  • 科名・属名
  • : アカネ科 ミサオノキ属
     新しい分類の考え方ではシマミサオノキ属(Aidia)

  • 特徴

  •  高さ1.5〜4mの常緑低木。
     葉は対生し、長楕円形で長さ5〜18cm、幅1.8〜6.5cm。薄い革質で、先は鋭く尖り全縁。葉柄は長さ5〜15mm、托葉は広三角形で先が尖るが尾状にならず、長さ2〜3mm。
     花は枝先に集散花序になって2〜7個つき、花冠は白色、花筒は細い円筒形で、長さ約1cm、先は5裂して広く開き、裂片は広線形で先は短く尖る。花柱は長さ約8mm、雄蕊とともに花の外へ伸びる。
     果実(液果)は球形で径約8mm、黒熟する。

  • 分布・生育地

  •  九州(奄美大島以南)〜沖縄  常緑樹林内

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  2007年4月28日 沖縄県西表島
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  前日夜の大雨で沢が増水したため予定を変更し、川沿いの登山道をゆっくり歩くことにした。
     いつもは急ぎ足で歩くコースであるが、上下を見回しながらいくと、変わった花が目に入った。
     萎れかけのように花被片が反り返った花で、名前もわからなかったがひとまず撮影した。
     他にも普段は見たことのない花がいくつかあり、思いがけない収穫のある1日となった。
     時期のせいもあるだろうが、時間を気にせずゆっくり観察すると、気づかない自然が沢山あることに反省させられた。

    同じ科の仲間の花
花