ロクオンソウ(鹿苑草)

Vincetoxicum amplexicaule


ロクオンソウ

  • 科名・属名 : ガガイモ科 カモメヅル属
     注.APG分類ではキョウチクトウ科(APOCYNACEAE)

  • 特徴 :
     草丈40〜100cmの多年草。
     茎は円柱形で毛がない。
     葉は対生し、楕円形〜卵状長楕円形で長さ4〜8cm。白緑色で基部は耳状になって茎を抱く。
     花は葉腋から花柄を出し、多少分枝して密に花をつけ、花冠は帯黄色で5裂し、裂片は狭卵状三角形で長さ約3mm。副花冠は半円形で低い。
     果実(袋果)は披針形で長さ約5cm、幅6〜7mm。
     別名 ヒゴビャクゼン

  • 分布・生育地 :
     四国〜九州  山地の草地

  • 花期 :  7〜8月

  • 撮影月日・場所 :
     2003年7月21日  福岡県
     上は拡大写真あり(写真をクリック)
     中・花    同  上
     下左・果実 2014年9月13日  熊本県阿蘇
     下右・葉    同  上

  • 撮影記 :
     草原に生える花は、草原が昔のように手入れされなくなってからというもの衰退が著しく、この花も絶滅寸前の状態である。
     ある花を探しに出かけた福岡県で、植物に詳しい方に出会いこの花の生育地を教えられ、大喜びで撮影に向かった。
     花に興味のない人から見れば、地味で目立たない花であるが、予想外にこのような希少種をゲットできた日は、東京から日帰りの強行軍でも疲れを感じなかった。

  • 葉

    この科の仲間の花
花

果実