ツルモウリンカ(蔓もうりんか)

Tylophora tanakae


ツルモウリンカ1

  • 科名・属名 : ガガイモ科 オオカモメヅル属
     注.APG分類では、キョウチクトウ科(APOCYNACEAE)カモメヅル属(Vincetoxicum tanakae)

  • 特徴 :
     つる性の多年草。
     茎は長く伸び、若いうちは密に軟毛がある。
     葉は対生し、卵形〜楕円形、長さ3〜7cm、幅2〜4.5cm。質は厚く先は鈍頭または微凸頭、基部は円形またはやや浅心形、全縁。表面は短毛があることが多いが脈上を除き無毛の場合もある。
     花は葉腋から花序を出して分枝し、花冠は直径6〜7mm、淡黄色で内部が紫色を帯び、5深裂し、副花冠は雄しべの半分の長さ。裂片は無毛または内面に短毛がある。花柄は長さ6〜10mm、細くて無毛または有毛。
     果実(袋果)は双生し八の字形につき、披針形で長さ約5cm。

  • 分布・生育地 :
     九州(南部)〜沖縄 (国外:日本固有)
     暖地の海岸近くの草地、林縁

  • 花期 :  8〜9月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体 2006年9月2日  鹿児島県屋久島
     中・全体2 2012年9月1日  沖縄県西表島
     (上、中は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・花 2011年9月25日  沖縄県国頭郡

  • 撮影記 :
     九州南部〜沖縄にかけて自生し、よく見かけるのは海岸近くの岩場に垂れ下がっている姿である。
     花は淡黄色であるが、中心部が紫色になるのでよく似た仲間と区別できる。
     ガガイモ科(現在はキョウチクトウ科)なので面白い形の果実(袋果)がつくが、花に気をとられまだ果実を撮影していない。

  • 同じ科の仲間の花
ツルモウリンカ2

花