ハマクワガタ(浜鍬形)

Veronica javanica


ハマクワガタ

  • 科名・属名
  • : ゴマノハグサ科 クワガタソウ属

  • 特徴

  •  草丈10〜50cmの2年草。
     茎は枝分かれして斜上し、曲がった毛が生える。
     葉は三角状卵形で長さ1.5〜4cm、幅1〜2.5cm。先は尖り、縁には粗い鋸歯がある。両面に毛がまばらにある。
     花は上部の葉腋から細い花序を出し、まばらに花をつける。花冠は淡いるり色で、径2〜2.5mm。萼には軟毛が生える。

  • 分布・生育地

  •  本州(伊豆半島以南)〜沖縄
     海岸近くの荒地

  • 花期
  • : 4〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2006年5月28日 鹿児島県屋久島

  • 撮影記

  •  いくつかの図鑑や本に出ているものの、花の閉じている写真が多く全開しないのかと思っていた。
     西日本の海岸近くの平地では必ずしも珍しい花ではないらしいが、強い直射日光をある程度の時間浴びないと花が開かず、また、日が陰るとすぐに閉じてしまうようだ。
     地元に人ならともかく、遠くからのhamistは固有種などの花を求めて山や谷に入ってしまことが多いので、この花の全開の姿には会えないことになる。
     今回も、全開の花を撮影するため昼に山を降りてきたのだが、日差しが弱く半開状態だった。

    同じ科の仲間の花