ホウライシソクサ(蓬莱紫蘇草)

Limnophila rugosa


ホウライシソクサ

  • 科名・属名
  • : ゴマノハグサ科 シソクサ属

  • 特徴

  •  草丈30〜60cmの1年草。
     茎は分枝し匐枝を出して増える。葉は対生し長さ5〜7cm、楕円形〜卵形で鈍い鋸歯がある。
     花は葉腋に頭状花序につき、筒形唇形で青紫色。唇弁の基部は黄色になる。

  • 分布・生育地

  •  沖縄(八重山諸島) 湿った所

  • 花期
  • : 8〜12月?

  • 撮影月日・場所

  •  2004年10月2日 沖縄県西表島
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  シソクサの仲間はあまり見映えのしない小さな花がつくものが多い。しかし、沖縄には花も大きく美しい仲間があると聞いていた。
     2004年10月、西表島を訪れた際、沢沿いの湿地でこの花を見つけた。
     予想通りの美しい花で、青紫色の中に黄色の斑紋がこの仲間のイメージを変えさせてくれた。
     島では、沢沿いだけでなく水田などにも生育している。

    同じ科の仲間の花
花アップ