マルバルコウ(丸葉縷紅)

Ipomoea coccinea


マルバルコウ1

  • 科名・属名 : ヒルガオ科 サツマイモ属

  • 特徴 :
     つる性で長さ数mになる1年草。逸出帰化。
     茎は細く、よく分枝し、無毛。
     葉は互生し、広卵形〜卵円形で、長さ3〜7cm、幅1.5〜5cm。先は尖り、基部は心形。長い葉柄がある。
     花は葉腋から花序を出して2〜5個つき、朱赤色、高杯形で径1.5〜1.8cm、花冠の先は5角形。
     果実は球形で径約5mm。

  • 分布・生育地 :
     逸出帰化(熱帯アメリカ原産) (国外:世界各地に広く帰化)
     道端

  • 花期 :   8〜10月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体1 2008年9月23日  栃木県下都賀郡
     中上・全体2 2014年9月14日  大分県宇佐市
     (上、中上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中下・花 2008年9月23日  栃木県下都賀郡
     左下・果実 2017年9月21日  東京都清瀬市
     右下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     狙った花に出会えず、収穫のないまま渡良瀬遊水地から戻る途中、道端の田んぼの土手でこの花に出会った。
     何度も逸出した個体は見ていたが、園芸種の逸出帰化はカメラを向ける気が起きず、撮影していなかった。
     しかし、ここは民家からも遠く離れており、逸出でも納得できるかと撮影することにした。
     鮮やかな朱色の花は、夏から秋にかけて長い間見ることができる。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
マルバルコウ2

花

果実