モミジヒルガオ(紅葉昼顔)

Ipomoea cairica


モミジヒルガオ

  • 科名・属名
  • : ヒルガオ科 サツマイモ属

  • 特徴

  •  つる性の多年草。帰化。
     茎は細くて無毛、よく分枝し、多少木化する。
     葉は広卵形で長さ6〜9cm、基部まで5〜(7)裂し、裂片は楕円状披針形〜広卵形、先は鋭い。
     花は1〜数個つき、直径5〜6cm。紅紫色で中心部は濃色。
     別名 タイワンアサガオ。

  • 分布・生育地

  •  帰化(熱帯アジア、北アフリカ原産)
     南九州〜沖縄  林縁、荒地、道端

  • 花期
  • : ほぼ1年中?

  • 撮影月日・場所

  •  2004年3月5日 沖縄県沖縄島
     アップ 2006年9月4日 鹿児島県屋久島

  • 撮影記

  •  名前の通り葉が紅葉のように5〜7に深裂していて、一見して本種とわかる。
     北アフリカ原産と推定されているが、アフリカや東南アジアには繁茂しているようだ。
     沖縄にも広く帰化していて、特に沖縄島では道路を走っていると赤紫色のこの花をよく目にする。
     下の写真は屋久島での撮影であるが、最近はどんどん生育地が北上しているようだ。

    同じ科の仲間の花
花アップ