ギンリョウソウ(銀竜草)

Monotropastrum humile


ギンリョウソウ

  • 科名・属名 :
     イチヤクソウ科 ギンリョウソウ属
     注.APG分類ではツツジ科(ERICACECA)

  • 特徴 :
     草丈10〜20cmの腐生植物。
     全体白色で葉緑素がない。
     茎には葉の退化した鱗片葉が多数互生する。
     茎の先に下向きで筒形、筒状白色の花を1個つけ、(3-4)5数性。萼片は長楕円形で全縁、花冠は長楕円形で萼片よりやや長く、上部はやや広がり、花弁と萼は花時まで残る。雄しべは(6-)〜10個(普通花弁の倍数)、雌しべの先はきのこ状で、柱頭は紫色。
     果実(液果)は卵球形、白色で横向きにつき、長さ1〜1.5cm、液質で裂けない。
     別名 ユウレイタケ

  • 分布・生育地 :
     日本全土 (国外:サハリン、朝鮮、台湾、中国〜ヒマラヤ、インド北部)
     山地の湿り気のある腐植土の上

  • 花期 :  (3-)5〜6(-8)月

  • 撮影月日・場所 :
     全体1 2003年6月29日  長野県下高井郡
     中上・全体2(群落)    同  上
     (上、中上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中中・花 2014年6月16日  東京都高尾山
     中下・ピンク花 1986年8月19日  静岡県富士山
     左下・果実 2017年6月24日  福島県西白河郡
     右下・果実(アップ)    同  上

  • 撮影記 :
     和名の由来は、花が下を向く形を竜に見立てたものであるが、山中の薄暗い林下で咲く銀白色のこの花は、別名の幽霊茸のようにいかにも不気味である。
     昔は動物の死骸の上に咲くと勘違いしていて、撮影するのもこわごわだった。
     花は5〜6月頃見かけることが多いが、南の地方や低山では4月でも見かけるし、北日本では7〜8月頃になる。
     また、ピンク色を帯びた株もありベニバナギンリョウソウ(f. roseum)と呼ばれるが、中下の写真はそれに該当するのだろうか。

  • 果実(アップ)

    同じ科の仲間の花
群落

花

帯ピンク花

果実