カシワバハグマ(柏葉白熊)

Pertya robusta


カシワバハグマ

  • 科名・属名
  • : キク科 コウヤボウキ属

  • 特徴

  •  草丈30〜70cmの多年草。
     茎は硬くて、枝分かれせず直立する。
     葉は茎の中部に集まってつき、卵状長楕円形で長さ10〜20cm。両面と縁に毛があり、縁には歯牙がある。
     頭花は茎の上部に穂状につき白色で、総苞は1.7〜2.7mm。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州  山地の木陰

  • 花期
  • : 9〜11月

  • 撮影月日・場所

  •  1995年9月23日 群馬県妙義山
     アップ 1985年9月22日 千葉県清澄山

  • 撮影記

  •  割合に大きな葉が茎の中部にまとまってつき、草丈も大きいので林下ではよく目立つ。
     関東地方でも、秋の山でよく見かける。

    同じ科の仲間の花
花アップ