コトブキギク(寿菊)

Tridax procumbens


コトブキギク1

  • 科名・属名 : キク科 コトブキギク属

  • 特徴 :
     草丈20〜50cmの多年草。帰化。
     茎は疎らに分枝し、地を這って広がり、全体に粗い毛がありざらつく。
     葉は対生し、葉身は卵形〜披針形で、長さ1〜5cm。先は鋭頭、基部はくさび形になって葉柄に流れ、不揃いな鋸歯がある。両面や葉柄には毛が多い。
     頭花は茎頂に単生し、径1〜1.5cm、舌状花は乳白色で、中心部は黄色、3裂し裂片は反り返る。総苞はやや鐘形、径6〜7mm、総苞片は2〜3列、長さ約5mm、紫色を帯び灰白色の粗い毛を密生する。舌状花は4〜5個、先端が3裂し、クリーム色を帯びた白色、筒状花は黄色。
     果実(痩果)は円筒形で褐色、長さ約2mm、絹毛が密生する。

  • 分布・生育地 :
     帰化(熱帯アメリカ原産) (国外:世界の熱帯〜亜熱帯域に広く帰化)
     道端、空地

  • 花期 :   ほぼ1年中

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体1 2007年4月27日  沖縄県石垣島
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中・全体2    同  上
     左下・花 2017年9月3日  沖縄県西表島
     右下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     この花、沖縄や小笠原では、街中の舗装道路の隙間や街路樹の根元など、人の生活に密着した場所ばかりで見かける帰化種であるが、本土ではまだ目にしたことはない。
     草丈は比較的高い割に花は小さく、いつも疲れたような感じで咲いていることが多い。
     少しでもいい姿をと、街路樹の根元で風防ぎの傘を広げて撮影していたら、通行人や車の運転者から奇異の目で見られた。
     それにしても、「寿菊」とは一体どこから付けられたのだろう。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
コトブキギク2

花