コヤブタバコ(小藪煙草)

Carpesium cernuum


コヤブタバコ

  • 科名・属名
  • : キク科 ガンクビソウ属

  • 特徴

  •  草丈50〜100cmの多年草。
     茎はよく分枝し、下部には白い軟毛が密生する。
     根出葉は、花時には枯れ、下部の葉はさじ状長楕円形で、長さ9〜25cm、幅4〜5cm。縁には細かい鋸歯があり、両面に白い軟毛が生え、葉柄には翼がある。
     頭花は枝先に下向きに点頭し、緑白色で径1.5〜1.8cm。総苞は椀状、基部には線状披針形で、長さ2〜4cmの苞葉が多数ある。

  • 分布・生育地

  •  日本全土  山地の林下

  • 花期
  • : 7〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年9月28日 高知県幡多郡
     下・花 2007年9月24日 栃木県下都賀郡

  • 撮影記

  •  一見オオガンクビソウに似た扁球形の花をつける。
     ただ、直径3cm程度もあるオオガンクビソウに比べ、直径は1.5〜2cmと小振りだ。それでも、ガンクビソウの花と比べるとかなり大きい。
     ヤブタバコの花は、どれも林縁などに多く、花も似た感じが多いので、同定するためには、花の形や花のすぐ下にある葉状の苞、葉の形などをチェックしておく必要がある。

    同じ科の仲間の花
花アップ