オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)

Ainsliaea acerifolia var. subapoda


オクモミジハグマ1

  • 科名・属名
  • : キク科 モミジハグマ属

  • 特徴

  •  草丈40〜80cmの多年草。
     茎は叢生することも単生のこともあり、長い毛が疎らに生える。
     葉は茎の中部に4〜7個がやや輪状につき、腎心形〜円心形で長さ6〜12cm、幅6〜18cm。縁は掌状に浅裂し、両面に軟毛があり、葉柄は5〜13cmと長い。
     頭花は穂状に多数つき、横向きに咲く。小花は3個、花冠は白色で4〜5裂する。総苞は筒形で長さ1.2〜1.5cm。

  • 分布・生育地

  •  本州、九州(北部)  山地の木陰

  • 花期
  • :  8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  1997年8月9日  東京都奥多摩
     中 1983年9月23日  埼玉県秩父
     2014年8月20日 岩手県花巻市

  • 撮影記

  •  夏の終わり頃から秋にかけて山の木陰で見かけることが多い。
     この時期低山地は、残暑が厳しいうえに、夏の花はあらかた終わり、かといって秋の花にもやや早くつい足が遠のいてしまう。
     それでも、こんな花がわずかに目を楽しませてくれる。
     花をよく見ると、細かく裂けた花冠がお洒落な感じがする。

    同じ科の仲間の花
オクモミジハグマ2

葉