オオモミジガサ(大紅葉傘)

Miricacalia makinoana


オオモミジガサ

  • 科名・属名
  • : キク科 オオモミジガサ属

  • 特徴

  •  草丈55〜80cmの多年草。
     葉は普通3個、下部のものが最も大きく、葉身は円形で径25〜33cm。掌状に9〜12裂し、基部は心形で両面に縮れた毛がある。葉柄は長さ10〜20cm、楯状につき、基部は茎を抱いて葉鞘になる。茎の中部の葉は長さ14〜23cm、葉柄は3〜12cm。
     頭花は総状花序について普通下向きに咲き、全て筒状花で花冠は黄色、小花は20個程度。総苞は鐘形で、長さ約1.5cm、総苞片は1列で多数ある。
     果実(そう果)は熟すと円柱形、長さ7〜8mm、冠毛は汚褐色で長さ約1cm。

  • 分布・生育地

  •  本州(福島県以南)〜九州
     深山の湿った林下

  • 花期
  • : 7〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2013年7月21日  広島県廿日市市
     中・花序    同  上
     下左・花、下右・葉    同  上

  • 撮影記

  •  林道の途切れた辺りから沢に降り遡行を開始する。
     夏の盛りで平地は35度近い猛暑だが、深山の沢沿いは涼しくて気持ちがいい。
     狭まった沢を越え、少し広がった河原の斜面に点々とこの花が咲いていた。
     キク科の花は晩夏から秋にかけて咲くものが多いが、この花は夏もかなり早い時期に咲き、これまで出会うチャンスがなかっただけに大喜びした。

    葉

    同じ科の仲間の花
花序

花