サジガンクビソウ(匙雁首草)

Carpesium glossophyiium


サジガンクビソウ

  • 科名・属名
  • : キク科 ガンクビソウ属

  • 特徴

  •  草丈25〜50cmの多年草。
     茎はやや斜上し、葉とともに密に開出毛がある。
     根出葉は花時も残ってロゼット状で、倒披針形で長さ9〜15cm、幅2.5〜3.5cm。鋸歯はほとんどなく、茎葉は線状披針形で小さい。
     頭花は枝先に下向きに小数つき、緑白色で径0.8〜1.5cm。総苞は半球形で、基部に苞葉があり、総苞片は5列、外片は短い。

  • 分布・生育地

  •  本州〜沖縄
     やや乾いた山地、丘陵の林下

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年9月20日 石川県金沢市
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  ガンクビソウの仲間が上部で枝分かれし、多数の花をつけるのに対し、この花は長く斜上する花茎の先に緑白色の花を1個下向きにつけるだけだ。
     全体に小さく、葉も根元にロゼット状にまとまり、茎につく葉は少ない小さいなど、草姿はだいぶん異なる。
     ただ、他の草との混生は好みでないと見え、山道などを歩いていても、この花が見られるのは、人通りも少なく雑草の繁茂していない林下が多い。

    同じ科の仲間の花
花アップ