シロバナイガコウゾリナ(白花毬髭剃菜)

Elephantopus mollis


シロバナイガコウゾリナ

  • 科名・属名
  • : キク科 ミスミグサ属

  • 特徴

  •  草丈80〜120cmの多年草。帰化。
     茎は単一または3本くらい出て、叉状に分枝し、全株剛毛がある。
     葉は根出葉が放射状に多数つき、長楕円形で、長さ8〜20cm。先は鋭頭で鈍い鋸歯がある。
     花は枝先に集まり、花冠は白色で長さ5〜6mm。外側は葉状の苞に包まれる。総苞片は披針形で鋭く尖り、緑色で長さ7mm。

  • 分布・生育地

  •  帰化(熱帯アメリカ原産)
     沖縄  空地、道端

  • 花期
  • : 1年中?

  • 撮影月日・場所

  •  2004年3月25日 沖縄県西表島
     下・花 2004年12月13日 沖縄県石垣島

  • 撮影記

  •  初めて八重山諸島に出かけた際、道路端でこの花を見た。帰化植物で図鑑に写真もなく、同行者からこの名前を教わった。
     本州では見かけないだけに、1カットは抑えて置く必要はあるが、1m以上にもなる草丈に比べ花が極端に小さく、目立たないため撮りづらい花だ。
     初めて出会った時でさえ、あまりにパッとしない花に、もっと絵になる株をと、すぐにカメラを向ける気にはなれなかった。

    同じ科の仲間の花
花アップ