タカアザミ(高薊)

Cirsium pendulum


タカアザミ

  • 科名・属名
  • : キク科 アザミ属

  • 特徴

  •  草丈1〜2mの2年草。
     茎は角ばって太く、直径1cm以上ある。
     根出葉は花時には枯れ、茎葉は長楕円形で長さ15〜25cm、羽状深裂する。頂裂片は長く尖り、側裂片の間隔は広い。
     頭花は長い柄の先にぶら下がって下向きに咲き、紅紫色で径2.5〜3.5cm。総苞は卵球形で、総苞片は8列、線形で外片は短く反り返る。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州(長野県以北)
     河原、休耕田、堤防等やや湿り気のある所

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年9月19日 栃木県渡良瀬遊水地
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  背の高いアザミが垂れ下がった柄の先に下を向いて花を咲かせていた。
     名前は知っていたが見るのは初めて、名前のとおり草丈の高いアザミだった。
     長野県以北に分布するアザミで、やや湿り気のある場所に生えるようで、渡良瀬遊水地でも休耕田の端で花をつけていた。

    同じ科の仲間の花
花