ヤブタビラコ(藪田平子)

Lapsana humilis


ヤブタビラコ

  • 科名・属名
  • : キク科 ヤブタビラコ属

  • 特徴

  •  草丈10〜50cmの2年草。
     茎は柔らかく、広倒披針形で、長さ4〜20cm、幅1.5〜3cm、頭大羽状に深裂する。
     頭花はゆるい散房状になり、黄色で径約8mm。小花は18〜20個。総苞は円筒形で、総苞内片は7〜8個。
     そう果は長さ2〜2.5mmで、冠毛はなく、先端の突起はない。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州  林縁、田の畦

  • 花期
  • : 5〜7月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年5月16日 東京都日野市
     中・花   同 上
     下、左・右 2009年5月4日   同 上

  • 撮影記

  •  この花が未撮影だったのに気がつき、市内のある緑地を訪れた。花はすぐに見つかったが、どれも半開状態で花期は遅めの様子。何とか写せる株を探して撮影した。
     この時期で花期が遅いわけがない、調べると花期は4〜7月となっている。色々考えると撮影した時間が午後3時過ぎあったことに思い当たった。この時間ではもう遅すぎるのかもしれない。もう少し早い時間に再訪することにした。
     後日、昼ごろ訪れてみる(どうも近所だと早起きして出かけられない)。予想通り多くの花が開いていたが、それでももう閉じ気味の花が多数あり、ピークはもう少し早い時間のようだった。

    根出葉

    同じ科の仲間の花
花

そう果