ヤマアザミ(山薊)

Cirsium spicatum


ヤマアザミ

  • 科名・属名
  • : キク科 アザミ属

  • 特徴

  •  草丈1.5〜2mの多年草。
     茎は太く枝も短いので、棒立ち状態になる。
     根出葉は花時には枯れ、茎葉は長楕円形〜楕円形で、長さ25〜35cm。羽状中裂し、無毛か裏面に細かい毛があり、刺針は長さ3〜10mmで太い。
     頭花は多数穂状について上向きまたは斜め上向きに咲き、紅紫色で幅約2.5cmとやや小さい。総苞は幅1.5〜1.7cm、総苞片は7列で太い刺があり、鋭く反り返る。

  • 分布・生育地

  •  四国、九州  山地の乾いた草原

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2008年9月27日 大分県由布市
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  九州の秋の高原は花が多く、その花も本州の高原とは異なる種類が多くて面白い。
     特に、他の地域ではあまり見られない大陸と共通する花があり、何度も訪れている。
     この花は大陸遺存種ではないが、分布は九州や四国の1000m付近に限られて分布は狭い。
     花は枝が短いこともあって主軸に花が固まるように咲くので、他のアザミとはすぐに区別できる。

    同じ科の仲間の花
花