シデシャジン(四手沙参)

Asyneuma japonicum


シデシャジン

  • 科名・属名 : キキョウ科 シデシャジン属

  • 特徴 :
     草丈50〜100cmの多年草。
     茎は直立し、縦の隆起線がある。
     葉は互生し、卵心形〜長楕円形で長さ5〜10cm。先は尖り、基部はくさび形、縁に不揃いの鋸歯がある。下部の葉には柄があるが、上部のものには柄はない。
     花は茎頂と上部の葉腋に総状花序につき、花冠は青紫色で、基部まで5深裂し、裂片は線形で長さ1〜1.5cm、幅1〜2mm、平開し反り返る。
     花柱は花冠裂片と同じ長さがあるが、花冠裂片が反り返るので、突き出ているように見える。
     果実(刮ハ)は扁球形で径5〜6mm。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州  山地

  • 花期 :  7〜8月

  • 撮影月日・場所 :
     2005年7月31日  山梨県夜叉神峠
     中・花 1986年8月10日  栃木県日光市
     下・葉 2014年9月12日  大分県竹田市

  • 撮影記 :
     草丈が大きく、その割には小さくて花弁が線形になった花をつけるので、全体を写すと花がよくわからない。
     下にあるアップの写真を見ると花の感じがよくわかる。線状で、遠くから見ると離弁花のように見える花も、基部のほうではくっついていて、合弁花だということが納得できる。
     この花弁の分かれた様子を、神前につける紙の四手に例えて和名がつけられている。

  • 同じ科の仲間の花
花

花