オギノツメ(おぎの爪)

Hygrophila salicifolia


オギノツメ1

  • 科名・属名 : キツネノマゴ科 オギノツメ属
     注.APGVの分類では、学名(H. ringens)

  • 特徴 :
     草丈30〜60cmの多年草。
     根茎は地中を這い、節から根と茎を出す。
     茎は直立し、ほぼ無毛。
     葉は対生し、葉身は線状披針形、長さ3〜15cm、幅0.5〜1.5cm。先は鈍く、全縁で節や葉柄の基部に長毛がある。
     花は葉腋に数個束生し、花冠は筒状で先は唇形、淡紅紫色で長さ1〜1.3cm。花柄はなく、唇弁は長さ1。5〜2mm、花冠の外面には軟毛が散生する。
     果実(刮ハ)は円柱形、長さ7〜10mm、幅1.5〜2mm。種子は扁平な楕円形、長さ約1mm。

  • 分布・生育地 :
     本州(静岡県以西)〜沖縄 (国外:朝鮮(済州島)、台湾、中国、インド)
     水湿地

  • 花期 :   8〜11月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体1 1994年9月23日  鹿児島県奄美大島
     中・全体2 2009年9月13日  静岡県静岡市
     (上、中は拡大写真あり、写真をクリック)
     左下・花、右下・葉    同  上

  • 撮影記 :
     奄美大島の林道を歩いていると、道端の水溜りに見かけない花が咲いていた。
     同行者に教えられた名前は、知っていたものの関東では見られない花で初めて目にした。
     普通、休耕田など水湿地などに生える花なので、山道の水溜りにはそぐわない感じがあり、近くにあった珍しい花に気をとられ、わずか1カットしか撮影しなかった。
     その後この花に会えなかったが、平成21年、この花の北限となっている静岡県のある湿地で再会した。
     ここでは湿地だけでなく、休耕田や水路など点々とこの花が見られ、しっかり撮影することができた。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
オギノツメ2

花