オオニンジンボク(大人参木?)

Vitex quinata


オオニンジンボク

  • 科名・属名
  • : クマツヅラ科 ハマゴウ属

  • 特徴

  •  高さ8〜13mの常緑高木。
     葉は掌状の5出複葉で、小葉は卵状長楕円形、長さ9〜11cm、幅3〜3.5cm。先は鋭尖頭で、基部は鋭脚、縁は微鋸歯縁まれに全縁。頂小葉がが最大。
     花は茎頂に長さ約10cm程度の円錐花序となって褐色の柔らかい毛を密生し、花冠は淡黄色、円筒形で長さ約5mm、2唇形で下唇は3裂する。
     果実(核果)は球形で径約6mm、黒熟する。

  • 分布・生育地

  •  沖縄(石垣、西表島) 平地〜山地の林縁

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2013年5月28日 沖縄県石垣島
     中・花、下・葉   同 上

  • 撮影記

  •  石垣・西表島に比較的稀に生育するこの植物の自生地を知って以来、どんな花が咲くのかと出かけるたびにチェックしていた。
     5月末、初めて樹冠を覆う淡黄色の花に出会ったが、船の時間があって撮影に時間をかけることができず、帰りにもう一度訪れることにした。
     3日後、再度訪れると、樹冠を覆っていた黄色の花が見えない。よく見るとわずかに花が残っている。わずかの間に散ってしまったのだ。
     何とか残り花を撮影したが、一期一会だなとつくづく思った。

    同じ科の仲間の花
花

葉