シチヘンゲ(七変化)

Lantana camara


シチヘンゲ

  • 科名・属名
  • : クマツヅラ科 ランタナ属

  • 特徴

  •  草丈3mにもなる低木。帰化。
     茎はよく分枝し四角形で、若い部分は毛がある。
     葉は対生し、卵円形〜心形で長さ8〜12cm。縁には鋸歯があり、表面は縮緬状になる。
     花は葉腋から花柄を伸ばし、先端に球状に集まった花をつける。花冠は肌色〜淡紫色〜紫紅色〜朱色に様々に変化し、長さ2cm程度で、筒状、先が4裂する。
     別名 ランタナ。

  • 分布・生育地

  •  逸出帰化(熱帯アメリカ原産)
     南西諸島以南 荒地や道端

  • 花期
  • : 1年中

  • 撮影月日・場所

  •  2006月3日21日 沖縄県西表島

  • 撮影記

  •  別名の「ランタナ」で覚えていたが、花の色が段々変わることから「シチヘンゲ(七変化)」と呼ばれることのほうが多いようだ。
     沖縄では道路脇や空地などどこでもこの花が逸出している。確かにきれいな花ではあるが、その進出ぶりに環境省が「要注意外来生物リスト」に挙げるほど旧来の生態系に影響を与える植物とされている。
     このリストを見ると、都会の空地に生えている植物は、そのほとんどがこのリストに挙げられた植物で占められている。

    同じ科の仲間の花