テイカカズラ(定家葛)

Trachelospermum asiaticum


テイカカズラ1

  • 科名・属名 :
  •  キョウチクトウ科 テイカカズラ属

  • 特徴 :
  •  長さ数mになる常緑のつる性木本。
     茎は長く伸び、付着根を出して樹幹や岩を這い上がる。
     葉は対生し、楕円形〜長楕円形で長さ3〜7cm、幅1.2〜2.5cm。革質で鋭頭、全縁で表面に光沢がある。
     花は枝先や葉腋に集散花序となり、花冠は白色で高杯形、径2〜3cm、先は5裂する。花筒は7〜8mm、萼片は広披針形で長さ2〜3mm。
     果実(袋果)は細長く、長さ15〜25cmの円柱形。種子は線形で長さ12〜14mm、先に長さ約2.5cmの冠毛がある。

  • 分布・生育地 :
  •  本州〜九州  常緑樹林の林内、林縁

  • 花期 :  5〜6月

  • 撮影月日・場所 :

  •  1996年6月16日  千葉県清澄山
     (上は拡大写真あり。写真をクリック)
     中上 2012年5月30日  神奈川県三浦半島
     中下・花1    同  上
     左下・花2 2014年5月19日  愛知県豊橋市
     下右・葉    同  上

  • 撮影記 :

  •  林縁や道端の岩場に蔓を伸ばして這い上がり、白い花を咲かせている姿をよく目にする。
     成長した株では樹幹に10mくらいも這い上がり、多数の花を咲かせている様子は、なかなか迫力がある。
     花は初め白いが、終わりに近づくと黄色を帯びてくる。
     写真はいずれも海岸近くの林縁で撮影したが、こういう場所には特に多いように感じられる。

    葉

    同じ科の仲間の花
テイカカズラ2

花1

花2