ヒレハリソウ(鰭玻璃草)

Symphytum officinale


ヒレハリソウ

  • 科名・属名
  • : ムラサキ科 ヒレハリソウ属

  • 特徴

  •  草丈80〜100cmの多年草。帰化。
     全体に粗い毛がありざらつく。
     葉は長楕円形で、根出葉は長い柄があり30cm程度になる。基部は茎に流れ翼となる。
     花は茎の上部に巻いた花序を出し、長さ2cmの鐘形のはなを順次咲かせる。花冠は淡紅色や紫色。
     別名 コンフリー

  • 分布・生育地

  •  帰化(ヨーロッパ原産) 全国
     人家近くや牧場

  • 花期
  • : 6〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1982年6月19日 北海道礼文島
     下・花 2008年5月18日 埼玉県桶川市

  • 撮影記

  •  ヨーロッパ原産の帰化植物で、明治時代薬用、食用として導入され、牧草としても利用されている。
     といってもやたらに食べると毒があるようで、十分気をつけたい。
     20年以上前、礼文島で初めて見たときは、帰化植物と思ったが、名前がわからなかった。

    同じ科の仲間の花
花アップ