ホタルカズラ(蛍蔓)

Lithospermum zollingeri


ホタルカズラ

  • 科名・属名
  • : ムラサキ科 ムラサキ属

  • 特徴

  •  草丈15〜20cmの多年草。
     全体に開出する粗い毛がある。
     茎は細く、花後横に這い、新しい株を作る。
     葉は互生し、狭長楕円形で長さ2〜6cm、表面に剛毛がある。
     花は直径1.5〜1.8cm、青紫色で裂片の中肋に沿って5本の白い隆起がある。

  • 分布・生育地

  •  日本全土 乾いた草地や林縁

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  1995年5月6日 山梨県三ツ峠
     アップ 2003年4月27日 広島県帝釈峡

  • 撮影記

  •  花の色を蛍の光に例えて和名が付けられているが、蛍には見えないものの美しい花である。
     ただ、見た目には美しい青紫色も、写真で再現するには非常に難しい。すぐに赤みがかかり赤紫色に近い色になってしまう。
     日差しを遮ったり、曇りの日を選んだり、色々挑戦するが、見た目通りの青紫色になってくれない。

    同じ科の仲間の花