イヌムラサキ(犬紫)

Lithospermum arvense


イヌムラサキ

  • 科名・属名
  • : ムラサキ科 ムラサキ属

  • 特徴

  •  草丈20〜50cmの2年草。
     茎はよく分枝し、葉とともに圧剛毛が多く、灰緑色を帯びる。
     葉は披針形〜狭楕円形で、長さ1〜3cm。やや厚く縁はやや裏に巻く。
     花は上部の葉腋につき、直径3〜4mm程度。花冠は白色で先が5裂する。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州  乾いた草地

  • 花期
  • : 4〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年4月16日 長野県上田市
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  国内に自生するほか、港湾部を中心に帰化もしているようである。
     長野県にこの花があると聞き、群馬のMさんの案内で、花仲間と出かけた。
     着いた場所は道路脇の法面、写真でもわかるようにまわりには帰化植物ばかり。本当に自生なのか?少し気になった。
     「長野県植物誌」では点々と産地が記されているが、あまり見かけない。

    同じ科の仲間の花
花アップ