エゾリンドウ(蝦夷竜胆)

Gentiana triflora var. japonica


エゾリンドウ

  • 科名・属名
  • : リンドウ科 リンドウ属

  • 特徴

  •  草丈30〜80cmの多年草。
     葉は対生し、被針形で長さ6〜10cm。裏面は粉白を帯びる。
     花は茎頂や上部の葉腋に5〜20個つき、花冠は筒形、青紫色で長さ3〜5cm。裂片は平開する。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州(中部地方以北)
     深山の湿地帯

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年8月27日 新潟県南魚沼郡

  • 撮影記

  •  濃い青紫色は落ち着いた静けさがあり、この色の花が咲き出すと賑やかだった夏山と花のシーズンの終わりを感じさせる。
     トリカブト類やリンドウ類はその代表ともいえる花で、少し色づき始めた草原で咲くこの花は、花付きの豪華さとは裏腹に寂しさを隠せない。
     よく似たオヤマリンドウが茎頂だけに花をつけるのに対し、この花は上部の葉腋にも多くの花をつける。
     園芸種のリンドウはこの花を改良したものといわれており、栽培の盛んな岩手県や長野県の県花となっている。

    同じ科の仲間の花