ミヤマリンドウ(深山竜胆)

Gentiana nipponnica


ミヤマリンドウ

  • 科名・属名
  • : リンドウ科 リンドウ属

  • 特徴

  •  草丈5〜10cm、茎は這ってよく分枝する。
     葉は卵状楕円形で小さくて厚い。
     花は青紫色で、花冠の先は5裂する。副片が直立または開出し、花冠の内側を塞がない。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜本州(中北部)
     高山帯の湿った草地

  • 花期
  • : 7〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  1992年8月23日 北海道大雪山
     アップ 1980年7月29日 同上

  • 撮影記

  •  高山帯に生える青紫色のリンドウ類では一番良く見かける。
     リシリリンドウによく似ているものの、副片が花冠の内側に倒れないのですぐわかる。
     本州中部以北の高山に生え、北海道の高山の本種は写真の株のように花つきがいいように思われるがどうだろうか。

    同じ科の仲間の花
花アップ