ハイハマボッス(這浜払子)

Samolus parviflorus


ハイハマボッス

  • 科名・属名 :
     サクラソウ科 ハイハマボッス属

  • 特徴 :
     草丈10〜30cmの多年草。
     茎は細く、葉は互生し、倒円形か広楕円形で長さ2〜6cm、幅1〜2cm。先は丸く、基部は狭まって細い柄となり、全縁。
     花は茎頂にまばらに10〜20個総状につき、花柄は細く斜開し、花冠は白色で径2〜3mm。
     果実(刮ハ)は球形で径約2.5mm。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜本州 (国外:北アメリカ)
     海岸近くの湿地

  • 花期 :  6〜7月

  • 撮影月日・場所 :
     1998年6月21日  千葉県
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     下・花    同  上

  • 撮影記 :
     図鑑には「海岸近くの湿地に稀」とあるので、よく行く千葉県の湿地の近くで地元の人に聞いたが誰も知らない。
     ある時、この花の情報を見つけ現地に向かった。現地は「エッこんな所に」という場所であった。
     湿ってはいるがとても湿地とはいえない場所に多数の株があった。花は小さくとてもサクラソウ科には思えない。
     ただ、自生地は海岸から大きく離れた池や川のほとりなどでも見つかっている。

  • 同じ科の仲間の花

花