ヒキオコシ(引起こし)

Isodon japonicus


ヒキオコシ

  • 科名・属名 : シソ科 ヤマハッカ属

  • 特徴 :
     草丈50〜100cmの多年草。
     茎は数本直立、上部で多数分枝し、四角で下向きの細毛が密に生える。
     葉は広卵形、長さ6〜15cm、幅3.5〜8cm。先は尖り、基部は急に狭まって葉柄の翼につながり、縁には鋸歯がある。
     花は大きい円錐花序となって多数つき、花冠は唇形花で淡青紫色、上唇には紫点があり、長さ5〜7mm。雄しべや雌しべは花の外に突き出る。萼は5裂し、花時は約2mm、果時には3〜3.5mmあり、密に細毛があって灰白色を帯びる。
     果実(分果)は長球形、長さ約1mm、多くの腺がある。

  • 分布・生育地 :
     北海道(西南部)〜九州 (国外:朝鮮)
     やや乾いた丘陵地

  • 花期 :  9〜10月

  • 撮影月日・場所 :
     上・全体1 1989年10月15日  兵庫県六甲山麓
     中上・全体2 2017年10月9日  福島県双葉郡
     (上、中上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中下・花1 2013年10月11日  宮崎県延岡市
     左下・花2 2017年10月9日  福島県双葉郡
     右上・葉、右下・茎    同  上

  • 撮影記 :
     変わった和名の由来は、漢方の消化不良の生薬として使われ、起死回生の効果のあるところから付けられているそうだ。
     上の写真の株は花の感じがわかるように1株だけのものを取り上げたが、普通は中上の写真のように数本が直立し、もっと大きく広がった円錐花序に小さな花を多数つける。
     遠くから見ると、萼や茎に毛が多いことから白っぽく見える。

  • 葉

    茎

    同じ科の仲間の花
ヒキオコシ 花

葉