ヒメナミキ(姫浪来)

Scutellaria dependens


ヒメナミキ1

  • 科名・属名
  • : シソ科 タツナミソウ属

  • 特徴

  •  草丈10〜40cmの多年草。
     茎はやや無毛で、細い走出枝を出してふえる。
     葉は狭卵状三角形で長さ1〜2cm、幅6〜10mm、1〜2対の低い鋸歯がある。
     花は上部の葉腋に1個ずつつける。花冠は長さ約7mm、白色でやや淡紅紫色をおびる。下唇には紫色の斑点がある。

  • 分布・生育地

  •  北海道〜九州  湿地

  • 花期
  • : 6〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2004年8月29日 新潟県福島潟
     中 2007年8月5日 長野県北安曇郡
     下・花 2010年8月21日 新潟県十日町市

  • 撮影記

  •  湿原や湿地の草むらの中に生える小さな花で、千葉や新潟、それに長野県の高原の湿原でも見かけている。
     真夏、湿地の草むらはじっくり撮影する環境ではなく、いつも時間をかけずに写しているせいか、いい写真が残っていなかった。
     そのため花のアップの写真がなかったので、久しぶりに会った新潟県の池のほとりで汗だくになりながら、やっと撮影した。

    同じ科の仲間の花
ヒメナミキ2

花