カメバヒキオコシ(亀葉引起こし)

Isodon umbrosus var. leucanthus f. kameba


カメバヒキオコシ

  • 科名・属名
  • : シソ科 ヤマハッカ属

  • 特徴

  •  草丈60〜90cmの多年草。
     茎は下向きの毛がある。
     葉は対生し、柄があり、卵円形で長さ5〜10cm、幅4〜9cm。縁には鋭い鋸歯があり、先端は3裂し、中央の裂片は尾状に長く伸びる。
     花は枝先に唇形花を多数つけ、花冠は青紫色で長さ8〜10mm。

  • 分布・生育地

  •  本州(東北地方〜中部地方)
     山地の木陰

  • 花期
  • :  9〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  1995年10月7日  東京都三頭山
     中・花、下・葉 2011年9月10日  東京都御岳山

  • 撮影記

  •  葉の先端がすっぱり切れ、その真ん中から細い葉が尾状に伸びた様子を亀の首に例え「亀葉」と名づけられている。その特徴的な葉は一度見たら忘れられない。
     御岳渓谷でもこの花を見かけ撮影していたが、ハイキング客が途切れることなく続くのにもかかわらず、誰一人として興味を示す人はいなかった。
     秋の関東地方の山では比較的よく見かける花であるが、分布は東北地方南部から中部地方までと比較的狭い。

    同じ科の仲間の花
花

葉