ケミヤマナミキ(毛深山浪来)

Scutellaria shikokiana var. pubicaulis


ケミヤマナミキ

  • 科名・属名
  • : シソ科 タツナミソウ属

  • 特徴

  •  草丈5〜15cmの多年草。
     茎は直立し、葉とともに上向きの曲った細毛が多い。
     葉は広卵状三角形で、長さ2〜3cm。質は薄く、縁には数個の深い鋸歯がある。
     花はまばらにつき、花冠は白色でわずかに淡紅色を帯び、長さ7〜8mm。

  • 分布・生育地

  •  四国〜九州  山地の木陰

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2013年5月31日 大分県玖珠郡
     中・花、下・葉   同 上

  • 撮影記

  •  3年前、雨の中林道際の咲き残りの花に初めて出会った。斑入りの美しい葉を持った花だった。
     その時は、シソバタツナミの白花と思ったが、ミヤマナミキの変種で、四国と九州に分布する比較的少ない花だった。
     残念ながら悪条件の中で撮影したので、納得のいくカットはほとんどなかった。
     幸いなことにリベンジの機会があり、時期も少し早くてちょうどよかった他、すぐ近くに大きな群落があって個体を選んで撮影できた。
     茎や葉に毛が多いことが和名の由来であるが、中の花の写真でも茎の毛の多さがよくわかる。

    同じ科の仲間の花
花

葉