ミゾコウジュ(溝香需)

Salvia plebeia


ミゾコウジュ

  • 科名・属名
  • : シソ科 アキギリ属

  • 特徴

  •  草丈30〜70cmの多年草。
     茎は四角形で直立し、下向きの毛がある。
     根出葉は冬はロゼット状で、花時には枯れる。茎葉は長楕円形で長さ3〜6cm、幅1〜2cm。鈍い鋸歯があり、脈はへこみ、表面はしわが目立ち、細毛がある。
     花は枝先に花穂を出し、小さな唇形花を多数つける。花冠は淡紫色で長さ4mm程度、下唇には紫色の斑点がある。

  • 分布・生育地

  •  本州〜沖縄 湿った草地や畦

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  1993年6月6日 茨城県水海道市
     アップ  同 上

  • 撮影記

  •  やや湿った場所に生えるので、水田や河川の改修などで全国的に少なくなっている。とはいってもそのつもりで見ていると、色々な場所で出会う。
     写真は、今や貴重となった湿地の植物が数多く残されている、茨城県のある河川敷で写した。

    同じ科の仲間の花
花アップ