オカタツナミソウ(丘立浪草)

Scutellaria brachyspica


オカタツナミソウ1

  • 科名・属名
  • : シソ科 タツナミソウ属

  • 特徴

  •  草丈10〜50cmの多年草。
     茎は下向きの毛が密にある。
     葉は広卵形〜三角状卵形で長さ1.5〜5cm、幅1〜4cm、上部の葉ほど大きい。先は鈍く、粗い鋸歯がある。
     花は茎の先に短い花穂を出し、淡紫色の花を密につける。

  • 分布・生育地

  •  本州、四国  丘陵地の林縁

  • 花期
  • : 5〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  1999年5月9日 愛知県豊橋市
     中 1978年6月5日 滋賀県伊吹山麓
     下・花 2012年6月1日 東京都稲城市

  • 撮影記

  •  花が茎頂にまとまってつき、上部の葉が一番大きいので、比較的同定しやすい。
     とはいっても、典型的な株もあれば、そうでない株も多い。
     まずは撮影し、茎の毛や葉をよくチェックし、図鑑などでしっかり確認することが必要だ。
     伊吹山麓でみた株(中の写真)は、花が密集してつき立派な株だった。

    同じ科の仲間の花
オカタツナミソウ2

花