ラショウモンカズラ(羅生門蔓)

Meehania urticifolia


ラショウモンカズラ

  • 科名・属名
  • : シソ科 ラショウモンカズラ属

  • 特徴

  •  草丈20〜30cmの多年草。
     茎は直立し、まばらに長毛が生える。花が終わると長い走出枝が伸びる。
     葉は三角状心形で長さ2〜5cm、幅2〜3.5cm。縁に粗い鈍鋸歯があり、基部は心形、2〜3cmの葉柄がある。
     花は茎の上部に唇形花をつけ、花冠は紫色で長さ4〜5c。下唇の中央裂片は大きく下に反り返り、濃紫色の斑点があり、先端には長い開出毛がある。
     萼は筒状で15脈があり、まばらに開出毛がある。

  • 分布・生育地

  •  本州〜九州 山地のやや明るい林内

  • 花期
  • : 4〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  1997年6月7日 長野県霧が峰
     アップ 1981年5月3日 栃木県日光

  • 撮影記

  •  大きな花の様子を、羅生門で渡辺の綱に切り落とされた鬼の腕に例えて和名が付けられている。
     腕に似ているかどうかはともかく、シソ科の花にしては珍しく大きい花はかなり目立つ。
     新緑の時期、明るい林下で緑に染まったような感じで咲いている。

    同じ科の仲間の花
花アップ