チリメンジソ(縮緬紫蘇)

Perilla frutescens var. crispa



  • 科名・属名
  • : シソ科 シソ属

  • 特徴

  •  草丈50〜80cmの1年草。栽培逸出。
     茎は4稜があり、よく枝分かれし、赤褐色の短毛がある。
     葉は対生し、広卵形で長さ8〜12cm、幅5〜8cm。暗赤褐色で、先は尖り、縁には鋸歯がある。長い葉柄がある。
     花は枝先に総状花序となって多数つき、淡紅紫色で唇形、長さ約5mm。萼には長い軟毛がある。
     広義のシソ(紫蘇)とされ、葉にシワのある本種や、シワのないアカジソ(赤紫蘇)(f. purpurea)、葉が緑のアオジソ(青紫蘇)などの品種がある。

  • 分布・生育地

  •  栽培逸出(ヒマラヤ、中国南部原産)
     荒地、道端

  • 花期
  • :  8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2014年9月17日  神奈川県川崎市
     中・花、下・葉    同  上

  • 撮影記

  •  川崎市は、南部は有数の工業地帯であるが、北部は住宅地ではあるものの、多摩丘陵の雑木林や谷戸に畑や田んぼなど、まだ多くの自然が残っている。
     そんな山裾の谷戸に秋の花を探しに出かけた。
     道端や荒地は帰化種が多く、興味をそそられる花はなかったが、その中にこの花が咲いていた。
     近くに栽培していた形跡はなかったが、栽培していたものが逸出したものだろう。
     一応、アップする基準を満たしていたので、撮影した。

    同じ科の仲間の花
花

葉