ツクバキンモンソウ(筑波金紋草)

Ajuga yesoensis var. tsukubana


ツクバキンモンソウ

  • 科名・属名
  • : シソ科 キランソウ属

  • 特徴

  •  草丈5〜10cmの多年草。
     ニシキゴロモの変種で、花は淡紫色〜淡青紫色。母種に比べ花冠の上唇が短くて1mm程度で、先は円くなる。
     母種が主に日本海側に分布するのに対し、本種は太平洋側に分布する。
     花の白いものがあり、
     シロバナツクバキンモンソウという。

  • 分布・生育地

  •  本州(太平洋側)、四国
     山地や丘陵地の林下

  • 花期
  • : 4〜5月

  • 撮影月日・場所

  •  1984年5月20日 茨城県筑波山
     シロバナ 1997年5月5日 静岡県天城山

  • 撮影記

  •  ニシキゴロモの変種で、主にに太平洋側に見られる。
     母種に比べると花冠の上唇が短く、葉の表面脈上に紫色が強く出るのが特徴である。
     上の写真はこの花の学名の由来になっている筑波山で撮影した。

    同じ科の仲間の花
シロバナツクバキンモンソウ