オオヒョウタンボク(大瓢箪木)

Lonicera tschonoskii


オオヒョウタンボク

  • 科名・属名
  • : スイカズラ科 スイカズラ属

  • 特徴

  •  高さ1〜2mの落葉低木。
     枝はよく分枝し、鈍四角で中実、樹皮は灰褐色。
     葉は対生し、楕円形〜長楕円形で長さ5〜14cm、幅2〜5cm。先は短く尖り、基部はくさび形、全縁で裏面に脈が突出する。
     花は茎頂に2個ずつつき、花冠は白色で長さ12〜15mm。二唇形で上唇は浅く4裂し、下唇は線形で下垂する。
     果実(液果)は球形で径6〜8mm、2個が合着する。

  • 分布・生育地

  •  本州(関東地方北部、中部地方)  高山帯

  • 花期
  • : 7〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  2003年8月2日 長野県中央アルプス
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  中央アルプスはアプローチのあまり良くない山が多いが、宝剣岳、駒ケ岳は伊那側からロープウェイが通じ、簡単に高山の雰囲気を味わうことができる。
     夏休みシーズンにはロープウェイに1〜2時間も待つような時もある。
     カール内には観光客が多いが、そこから上は登山者の世界、道端の花に気をつけながら登っているとこの花を見つけた。
     本州中部の高山帯に生える仲間である。

    同じ科の仲間の花
花