ソクズ(そくず)

Sambucuus chinensis


ソクズ1

  • 科名・属名 : スイカズラ科 ニワトコ属
     注.APG分類ではレンプクソウ科(ADOXACEAE)

  • 特徴 :
     草丈1〜1.5mの多年草。
     葉は対生し、奇数羽状複葉で5〜7小葉からなる。小葉は広披針形で長さ5〜17cm、幅2〜6cm。
     花は茎の先に大型の散房状集散花序となり多数つく。花冠は白色、輻状で5裂し、径3〜4mm。花序の所々に黄色の杯状の腺体がある。
     果実は球形で赤熟する。
     別名 クサニワトコ

  • 分布・生育地 :
     本州〜九州  山野、人家近く

  • 花期 :  7〜8月

  • 撮影月日・場所 :
     2006年7月30日  長崎県対馬
     下・花 2006年9月5日  鹿児島県屋久島

  • 撮影記 :
     どちらの写真も島での撮影であるが、島の特産ではなく、夏に人家の近くなどでよく見かける大型の花である。
     特に対馬で見た株は2mを超える大きな株だった。海岸には大きい株が多い。
     花は白一色に見えるが、下の写真でもわかるように(やや見づらいが)花の中に黄色い腺体がある。

  • 同じ科の仲間の花
花