ミミカキグサ(耳掻草)

Utricularia bifida


ミミカキグサ

  • 科名・属名
  • : タヌキモ科 タヌキモ属

  • 特徴

  •  草丈5〜15cmの多年草。食虫植物。
     地中に白い糸状の茎を伸ばし、小さな捕虫嚢をつける。葉は6〜8mmの線形。
     花は花茎の先に5mm程度で黄色の花を2〜7個つける。

  • 分布・生育地

  •  本州〜沖縄  湿地や泥地

  • 花期
  • : 8〜10月

  • 撮影月日・場所

  •  2010年9月26日 和歌山県東牟婁郡
     下・花   同 上

  • 撮影記

  •  花後、萼が大きくなって果実を包み、その形が耳掻きに似ていること(写真では赤い袋状)で和名が付けらている。
     湿地の泥上や浅い水溜りに生え、そうでなくとも暑い湿地で這い蹲るようにしてこの花を写すのは、暑さと不自然な姿勢のため腰が痛くなる大仕事である。
     写真の花は渓谷の川岸の大岩の水溜りに生えていたもので、ズボンを濡らすことなく楽に撮影できた。

    同じ科の仲間の花
花