ハマダイコン(浜大根)

Raphanus sativus var. hortensis f. raphanistroides


ハマダイコン1

  • 科名・属名
  • : アブラナ科 ダイコン属

  • 特徴

  •  草丈30〜70cmの2年草。
     根は円柱形でやや太いが、ダイコンほど太くならず、硬くて食用にならない。
     茎は多数分枝し、葉は長さ5〜20cm、羽状に深裂する。裂片は頂部が大きい。
     花は総状花序になり、淡紅色で直径2〜2.5cm。
     果実は円柱形で数珠状にくびれ、2〜5個の種子がある。

  • 分布・生育地

  •  日本全土  海岸の砂地

  • 花期
  • : 4〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2010年4月24日 大分県佐伯市
     中 1988年4月3日 高知県室戸岬
     下左・黄花 2010年4月11日 長崎県対馬
     下右・根 2010年4月11日   同 上

  • 撮影記

  •  日本全土の海岸の砂浜に生え、栽培種のダイコンが野生化したものだといわれている。事実、対馬の海岸で見た根は食べられそうなくらいの太さがあった。多分筋っぽくて食用にはならないだろうが。
     淡紅色が普通であるが、淡いクリーム色の花を見たことがある。アブラナかカラシナとの雑種ではないかと疑われる。
     普通種であるだけに写真にも工夫が必要と思い、自生環境がわかる青い海と砂浜をバックの写真を撮りたいと思って探していたが、大分県でやっとそれに近い雰囲気で撮影することができた。

    根

    同じ科の仲間の花
ハマダイコン2

キバナハマダイコン