ミヤマハタザオ(深山旗竿)

Arabis lyrata subsp. kamchatica


ミヤマハタザオ1

  • 科名・属名
  • : アブラナ科 ヤマハタザオ属

  • 特徴

  •  草丈10〜40cmの多年草。
     茎は基部から上部まで枝を張り出す。
     根出葉はロゼット状に多数つき、倒披針形で長さ2〜10cm。羽状に深裂し、頂小葉は大きい。
     茎葉は細く線形で長さ1〜4cm。下部の葉はわずかに鋸歯があるが、上部の葉は全縁で、基部は茎を抱かない。
     花は短い総状花序となり、花弁は白色〜淡紅色で4個、長さ0.3〜0.6mm。
     果実(長角果)は線形で長さ1.5〜4cm。

  • 分布・生育地

  •  北海道、本州、四国(剣山) 山地

  • 花期
  • : 5〜8月

  • 撮影月日・場所

  •  1993年5月23日 長野県諏訪郡
     中 2007年6月16日 長野県上高地
     下・葉  同 上

  • 撮影記

  •  南アルプスのある沢沿いで撮影したこの花、弱々しく伸びた茎や細い茎葉の様子から本種と同定したが、全草の写真だけだと判断しづらいことが多い。
     最近は特徴がわかるように花のアップだけでなく、必要により葉や茎、毛の生え方なども写すようにしている。
     2007年、上高地でこの花に出会った。今回も弱々しく伸びた株で絵になりにくかったが、今度は葉の様子も撮影した。

    同じ科の仲間の花
ミヤマハタザオ2

葉