ナズナ(薺)

Capsella bursa-pastoris


ナズナ1

  • 科名・属名
  • : アブラナ科 ナズナ属

  • 特徴

  •  草丈10〜50cmの2年草。
     根出葉はロゼット状で羽状に深裂する。茎葉は矢じり形で基部は茎を抱く。
     花は総状花序にまばらに花をつける。花弁は白色で卵形、長さ1.5〜3.5mm。
     果実は倒三角形で長さ5〜8mm。
     別名 ペンペングサ。

  • 分布・生育地

  •  日本全土  道端、畑

  • 花期
  • : 3〜6月

  • 撮影月日・場所

  •  2005年4月3日 東京都八王子市
     下 2005年3月6日 東京都日野市

  • 撮影記

  •  春早くから咲き、よく目に留まる花の代表である。
     ペンペン草の別名があるように、倒三角形の果実が三味線のバチに例えて和名が付けられている。
     こういう当たり前の花ほどいい写真が撮れておらず、証拠写真的な1枚になってしまった。

    同じ科の仲間の花
ナズナ2