ユリワサビ(百合山葵)

Eutrema tenue


ユリワサビ1

  • 科名・属名 : アブラナ科 ワサビ属

  • 特徴 :
     草丈20〜30cmの多年草。
     根茎は細くて短い。茎は細く地を這い、先が斜上する。
     根生葉は卵円形〜腎円形で径2〜5cm。長い柄があり、縁には波状の鋸歯がある。茎葉は小型で互生する。
     花は茎頂に総状花序をつける。花弁は白色、径約1cm。
     果実(長角果)は開出するか下を向き、長さ1〜1.5cm。

  • 分布・生育地 :
     北海道〜九州 (国外:日本固有)
     山地の渓流のほとりや礫地

  • 花期 :  3〜5月

  • 撮影月日・場所 :
     1995年4月8日  東京都高尾山
     (上は拡大写真あり、写真をクリック)
     中 1996年4月21日  岐阜県山県郡
     下左・花 2015年4月3日  東京都高尾山
     下右・葉    同  上

  • 撮影記 :
     春先、山の谷沿いや湿った林下などで小さな白い花を咲かせているのをよく目にする。
     ワサビの名はつくものの、ワサビの代用ができるような薬効はないようだ。
     柔らかな円みのある葉が、なんとなくユーモラスな感じの花である。
     和名の由来は冬に葉柄の基部が枯れて残り、その形がユリの鱗茎のように見えるところからつけられたそうだ。

  • 葉

    同じ科の仲間の花
ユリワサビ2

花