オオアカバナ(大赤花)

Epilobium hirsutum


オオアカバナ

  • 科名・属名
  • : アカバナ科 アカバナ属

  • 特徴

  •  草丈1〜1.5mの多年草。
     茎は直立し、開出する長毛と腺毛を密に混生する。
     葉は上部のものを除いて対生し、長楕円形〜長楕円状披針形で、長さ4〜12cm、幅0.5〜2cm。縁に鋸歯があり、両面に長い軟毛がある。
     花は葉腋につき、花弁は紫紅色で、長さ15〜18mmと大きく、先は2裂する。
     花柱は雄しべより長く、長さ約10mm、柱頭は4裂する。

  • 分布・生育地

  •  本州(青森〜新潟県に点在)
     湿った草原、川岸・谷間の湿地

  • 花期
  • : 6〜9月

  • 撮影月日・場所

  •  2009年8月29日 福島県
     中・花   同 上
     下・茎   同 上

  • 撮影記

  •  以前から出会いたかったこの花の情報を福島の花仲間から頂き、1年越しで自生地の高原にやってきた。朝方まで雨が降ったのだろうか、少しひんやりするような涼風が吹き抜けていた。
     自生地はヨシの生える川沿い、遠くからでも紅紫色の花の咲いているのが目に入り、一安心するとともに花の大きさにびっくりした。
     近づいて見ると、花は径3cm近くあるが大きいだけではない。肉眼でもはっきり4つに分かれた特徴ある柱頭が突き出しているのがわかる。一度見たら忘れられない花だ。
     東北地方から新潟県にかけて点々と産地が知られているが、そう簡単に目にすることのできる花ではない。

    同じ科の仲間の花
花

茎